FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
冬がじわじわと近づいていますが。。いや最早もう冬ですが。。
秋の大会についてのブログです!!(遅くなりましたー!(T ^ T))

9月17日・18日に、JPDU Autumn Tournamentが開催されました!
17日に横浜市立大学で予選が、18日に国際基督教大学で本戦が行われました。

この大会は、JPDUという日本のパーラメンタリーディベート連盟が秋に開催する、学生日本一決定戦です。学年に関係なく、大学に所属する全ディベーターが参加できるため、最強ディベーターたちが集まります!!
そんなJPDU Autumn Tournament、通称 "秋T" に、WADからはディベーター、ジャッジ、総勢11名が参加しました!!
(チーム写真ないんですーごめんなさいー(T ^ T))

【TEAMS】

〈WAD A / ✨Grand Finalist✨〉

ALEX TAYLOR / ✨3rd Best Speaker✨
SHINGO FUJITA / ✨6th Best Speaker✨


〈WAD B / ✨Quarter Finalist✨〉

KAZUMA TADAKOSHI
KEISUKE MIZUTANI


〈WAD C〉

KOHEI TOBA
TAMANE SASAKI


〈WAD D〉

YUTAI SATAKE
SAYAKA KOMORI


〈WAD E〉

MIZUKI SANJO
SAYAKA FUJII


【ADJUDICATORS】

TOSHIAKI IKEHARA
KOWA NIIKURA
MAYU YOSHIKAWA



今回は、かずまさんから感想をいただきました!!


こんにちは、ご無沙汰しています。早稲田大学四年の千真です。秋Tの感想を書かしていただきます。
前置きとして、2015年9月から留学をしていまして、帰国後はじめての大会でした。前回の大会はギリシャワールズだったので、久しぶりのディベート大会に緊張していました。パートナーは後輩の水谷で、二人ともなんやかんや忙しく練習時間があまりとれない状況でした。プレパの能率から見るに、あーもう少し定期的に練習時間とっとくべきだったなあと思いました。やはり、first principleから議論の対立を早急に導き、どう見せるか、対立にどう貢献しているのか見えていないラウンドは結果も芳しくなかったように思えます。このへんはリハビリを続けてがんばっていきたいと思います。次はブレイクしても勝ち進めるように(四年ですが)気合いいれていきたいと思います。

留学しているディベーターに
海外大のディベートソサエティは練習頻度が少ないですが、自主練なども行なって、ディベート感を鈍らないようにさせた方がいいです。それか、日頃からディベート的な観点からリサーチをしましょう。”意識せずに”聞く音源やリサーチは、ほぼ無意味だと思いました。

帰国しても温かく、やりがいのあるディベートコミュニティが好きです。wadの一年生も熱心で未来を感じる一方、レジェンドたちも(いる方はいるけど)少なくなって悲しくなった、そんな秋Tでした。



ブログ担当者はこの秋Tに参加していなかったのですが、最強ディベーターの先輩方が数多く集まっているにも関わらず、ブレイクした同学年がいると聞いて、戦慄しております。学年の制限がない大会で自信を持って参加できるディベーターになりたいです。

次回はAWCこと青山ウィメンズカップについてのブログです!
最後までお読みいただきありがとうございましたー!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。