Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
10月後半は大会ラッシュでしたね。ディベート界のお祭り期間だなぁと思っています。残念ながらAoyama Women’s Cupは参加・観戦できなかったので、まずは参加した二つの大会について書きます。

10/12には大沢杯(於ICU国際基督教大学)10/18,19には銀杏杯(於京都大学)がありました。参加した皆さん、お疲れ様でした。ジャッジをして下さった皆さんも、有難うございました。
まず大沢杯について。
ハロウィンということでコスプレというドレスコードがありました。
そのせいか、会場の雰囲気もわっきゃわっきゃと賑やかで興奮しておりました。
結果は、我らがニックさんがGFに進み、ベストスピーカー賞、イケメンの怪人でコスプレ賞5位を取るという激しい活躍を見せて下さいました。改めて、おめでとうございました。

Grand Finalist MaXarthysim (Kowa Niikura, Tomoya Yonaga)
The Best Speaker  Kowa Niikura

自分たちのペアは良い結果を出せなかったのですが、一年生としてこの大会で学んだことを書きます。写真とかはfacebookにたくさん上がっていると思うので。
この大会のモーションはSF系のものが多かったですね。例えば、R2は
Assuming technology, THW legalize the exchange of lifetime years with money.
(Note: Everyone will be induced a built-in timer which says how many life- years are remaining for each. This timer will also make one's life years transferrable safely.)
ここで、自分たちは大きく失敗しました。COだったのですが、まずモーションを見てびびってしまい、Exchangは、他の人と売買するということなのか、お金と引き換えにenhanceするだけなのか、というので意見が割れてその点に悩むのにプレパ時間を割いてしまったのです。
そして学んだことは、こういったとっつきににくいmotionは、必ず現実世界の問題に置き換えることができるということです。というか、多分これが出された意図を考えるとそうなるということです。これなら臓器売買とか。実際に起きていること、そこで倫理的・実質的に問題となっていることと構造は同じものが出されるのですね。それを大会の緊張感の中で15分で処理するというのが一番難しいのですが…。
ラウンドではクソスピーチをしちゃったけれど、大沢杯で変わり種motionに当たってみることができたのは一ついい経験になりました。

次にその一週間後に開催された紅葉杯について。
これはNA形式の一年生最強決定戦です。
結果はディベキチ鳥羽と実力者高田のWAD K(キチ)がGF進出、見事ICUを破り頂点に立ちました。本当におめでとう!!!!!
彼らの感想も追記でぜひ書いてもらおうと思います。

ブレイクも3チームです。さすが。
WAD K (Kohei Toba,Yuki Takada)
WAD B(Yuka Okunaga,Somin Ree)
WAD X (Sol Lee,Keisuke Mizutani)
銀杏に続き何でブレイクできてないんだよお前はWADの勝利に貢献しろとかお前が言うことなんかいみたいな感じは否めませんが、前回からの全体的な成長と偉大なる先輩方について書きます。紅葉に参戦したメンバーの中で唯一ブレイクできていない(ADIは別なので)自分は大変肩身が狭く、複雑な思いではありますが。

紅葉では部内の全体的なレベル、ディベートへの取り組み方が爆発的に向上したなぁという感じがしました。
一つはやっぱり普段よりも沢山の先輩方が練習に来て下さり、練習日以外にも時間を割いてくださったからだと思います。何から何までお世話になりました。

自分の場合、プレパに関してニックさんに教わったことをパートナーのありさと実践できたのは全然違ったし、みんなそれぞれ自分の成長を実感して試合に望んでいた感じはします。Motionみた時にSQの問題は?と問うこと、それを「解決されるべき」問題にすることという、入部当初から言われていたけれど最近おろそかになっていた戦略を意識的にとるよう心掛けたことで、少なくともプレパで失敗することは少なかったです。
ディベーターとしても指導者としても素晴らしい先輩がいるというのはWADの有難い所だなと思いました!!!!

その一方で、自分はニワトリのような脳みそをしていますので、一時期できていたことすらできなくなるという悲しい現象が往々にして起こります。ストラクチャーとかです。
この冬はそんなに大会に出ませんが、今まで学んだことを統合させて試合で実行できるようにしたいです。
個人的な反省は尽きないですが、鬱々としたものの続きは自分の日記にでも書くことにして、今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

まだまだ大会はたくさんあります!一年生のビッグイベントは梅子でしょうか。頑張ってください!!
上級生の方も大会でのご武運お祈り申し上げます!!
(吉川真由)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。