FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
銀杏杯は1年生にとって初めてのブレイクシステムのある大会です。ですから私もある程度の覚悟をもって臨みました。長期休みはWADは他大学にお邪魔させて頂いて練習の機会を得るのですが、私も銀杏杯の2週間前から上智大学や成蹊大学にお邪魔して練習に励みました。銀杏杯前の練習ではなかなか上手くスピーチをすることが出来ず、そのことと先輩からのダメ出しにしょげて毎夕トボトボ帰宅・・・という毎日を送っていましたね。世間の大学生は海だ祭りだの夏休みだというのに・・・(^^; しかし練習の甲斐あってか、大会本番では予選ラウンドで4試合中3勝し、ブレイクアナウンスメントでチーム名を呼ばれるというとってもとってもエキサイティングな経験をすることが出来ました! チーム名を呼ばれて両手を叩きあった瞬間の弾けるような嬉しさ、パートナーの薫のとびきりの笑顔は今でも鮮明に思い出すことができます。ディベーターにとって、ブレイクアナウンスメントの時の、寿命が半年ほど縮まるほどの緊張感やチーム名が呼ばれスクリーンに大学のロゴがくっきりと映し出された時の高揚感は、いくつの大会に出ても減るものではなく、一つひとつの大会において特別な瞬間だと思います。私たちチーム「曽田sister」はブレイク後1勝し、Quarter-Finalで慶応大学のチームに敗れて、Quarter-Finalistsとしてこの大会を終えました。この銀杏杯において最も記憶に残るのは先に述べたようにブレイクアナウンスメントの瞬間ですが、もう少し試合やその他の思い出に残っていることについて書くと、

 ・【Round1:こーきさん】1試合目のCore-JudgeであるICUのこーきさんのリフレクがとても丁寧で分かりやすく、感動したのです。リフレクの途中で「ちょっとお腹が空いたからいい?」と言って、何が「いーい?」なのかなと思って少し待つと、ジャッジに用意されたお弁当を抱えて戻っていらっしゃって、それを見て薫が「か、かわいい」と小声で呟きました。私たちのようなディベート初心者のラウンドもこんなに丁寧に見てくださる人がいるということがとても嬉しかったですね。これからも大会に出る際には、ジャッジや大会の運営側の方々への感謝の心を忘れないようにしたいと思います。

 ・【Round2:ラブモーション】2試合目のラブモーションでは東工大のチームと当たり、試合後、「Ti-Techの俺たちにラブモーションは無理だよ…」と落ち込む2人を、「私も今まで6年間女子校だったし、まぁそういうのあんまり関係ないよ・・・」と励ましました。私は個人的にも受験期間中は恋人は特に必要ないと思いますね(笑)

 ・【Round4:体力】1日目最後の4試合目は疲れて脳みそが働かず、非常に、非常に困ったのでした。ディベートには体力が必要だと身をもって実感しました。

 ・【Quarter-Final:ブレイク後の試合】本大会最後の試合(Quarter –Final)は、観戦者が多く緊張しました。ブレイクするチームがあるということはブレイクしなかったチームがあるということでありブレイク後は、予選ラウンドで対戦したチームを含めて色んなチームのディベーターが試合を観にきます。私は緊張しいでスピーチ前はいつも吐きそうになるのですが、この時もやはり「今この瞬間私は家に帰りたい」と思うほどに緊張して吐きそうでした。出来るだけ多くの人に自分のスピーチを聞いてほしい!と思えるくらいの自信をもってスピーチできるようになる日が私にも来てほしいと思うのですが、いまだに練習においてさえスピーチをする前は吐きそうですね。

 ・【パートナーとチーム名】そんな試合前にすぐ吐きそうになる私ですが、そんな私でもいくらか落ち着いて6試合無事にこなすことができたのはまったくもってパートナーの薫のおかげです。彼女は平常心を常に保ち、いつも冷静でいられる人です。このような長所を兼ね備えた彼女は人としてとても信頼できるし、ことディベートの場面においては本当に心強い人です。「面倒くさい」が口癖のわりに、きちっきちっとやるべきことを着実にこなしていく真面目さも持ち合わせます。時折見せる笑顔がとてもチャーミング(WAD-HP-メンバー紹介の写真は銀杏杯で撮ったものですよ。http://wadwadwad.web.fc2.com/members.html)
今大会で私たちはチーム名「曽田sisters」として戦いましたが、曽田とはWAD元サブチーフの曽田さんのこと。WADのみならず他大の多くのディベーターからも愛されているがゆえに、私たちはチーム名を誇りにし、チーム名に支えられながら、楽しく試合ができました。ありがとうございました、曽田さん! 就活頑張ってください!(※WAD-HP-メンバー紹介参照http://wadwadwad.web.fc2.com/members.html)

 
―3rd Icho Cup Motion―
R1: THW prohibit children from being engaged in professional sports.
R2: THBT it is better for entrance examinee of university to make boyfriend/girlfriend.
R3: THW allow public servants to strike.
R4: THBT political parties should make their pre-election promises binding, the breaking of which would trigger immediate elections.
OF: THW ban advertisement of junk foods.
QF: THBT doctors from developing countries should not be allowed to migrate to developed countries.


スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。