Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
冬ADI(強化合宿)の報告です。今回は早稲田から
内山、堅田、守川、木村、原、佐々木、ソヨン、三尾
計8人という大所帯で参加しました。また、レクチャラ―として夏にひき続き3年の林武さんが参加しました。気になる大会の結果は

SomethingLike守川、ソヨン、清水(一橋)がSemifinalists
Legend of Mio三尾、木村、衞藤(一橋)がOcto Finalists
Soju and Takenori内山、堅田、原がOcto Finalists

木村が5thBestspeaker

の大戦果となりました!夏のADIでは3チームともブレイクしなかったことを考えると多少は成長できたと感じとてもうれしかったです。
今回は後期入部ながら早々1年生のみのチームでブレイク&スピーカープライズを果たした木村に感想を書いてもらいました。どうぞ!!

こんにちは。こんばんは。アニョハセヨ。冬ADIについて報告してみます。
2/13~2/21の間、韓国の中央大学(Chung-ang uni)でADI(ディベート強化合宿プラス大会)は行われました。大会が13日からだからって誰かさん(自分のことですw)みたいにフライトも13日だと勝手に勘違いしないでくださいね!
~回想~
のんびりと過ごしていたら急に「今どこ?」っていう電話がくる11日の昼。。。
「後2時間でフライトだけで今どこ?」
!?どこってまだ自宅だけど。。。
という話すと長いが、完全に日程を勘違いしたことによってやむ終えなく3分で支度して、タクシーを超高速で飛ばすこと1時間。なんとか間に合いました。代償は24000円のタクシー代。。。
みなさん、日程はしっかり確認して余裕を持っていきましょう!w

ということはさておき、とりあえずソウルは魂(ソウル)が凍えるほど寒かったです。無事ホステルについて一日目は終了。次の日は観光です。ディベート前の心ほぐしってところでしょうか。こういうのも大事ですね!
さてさていよいよですがディベートについてです。初日は受付アンドレクチャーを4つばかり聞きました。初級、中級、上級と3つに分かれた講義を4コマ分選択する感じです。僕はとりあえず基礎を固めるつもりで初級を多めにとってみました。Asian style (3人1チーム制)は不慣れだったのでここでそれぞれのスピーカーの役割を再確認しました。これでばっちり!
それ以降の日程もだいたい、ラボ(クラス分けされた20人規模の単位)でレクチャーをしたりディベートを練習したりです。ときにはフェミニズム、ときには侵略戦争について、またある時は楽しくピザを囲んだ昼ごはん。楽しみながらも着々とディベート能力と時事についても学んでゆきました。ラボのレクチャラーとの飲み会などもあり、楽しみながらディベートも強化できるという最高の経験でした。
あっ、後中央大学でADIに行くときは、廊下の変な給水機兼シャワーみたいなのはいじらないでくださいね!どっかの誰かさん(再び自分)がそれを給水機と勝手に誤って(もしくは間違えたふりをして)そのシャワーを廊下で作動したせいで廊下が水浸しになってしまいましたw笑いごとじゃないですね。あれはバイオハザード時の緊急用シャワーらしいです。以後お見知り置きを!

ま、ラボを経て、とりあえず大会のほうに移りましょう。
一日1、2試合というゆったりスケジュールで予選をやっていきました。残った時間でジャッジから長いフィードバックがもらえます。ここもADIの特徴ですね!ただの大会じゃなくて学習のための大会ですから。
かれこれ大会を進めてゆき、ブレイクナイトでブレイクチームが発表されました。
なんと WAD勢ほぼ全員ブレイクです!こりゃすごい!
という調子でOctoを迎えましたが惜しくもここで Legend of Mio, Soju and Takenoriが破れます。確かディベートモーションのテーマはeducation. 僕のチームは確かTHW ban home schooling のOpposition で負けました。悔しいですね。おっと、ちなみにこのチーミングは全員WAD通しじゃなくて一ツ橋の方と組んでます!多大と組むのもいい経験ですね!ここもADIのポイント!!(日本通しで組まなくても結構!日中韓で組んでもオッケー!!こりゃグローバルですな!)
そして頑張ってくれた Something like… も惜しくもSemiで破れり。具体的な話をすると長くなりそうなので、とりあえずいいディベートでした!
大会が終わった夜はそりゃもう。。。お疲れ様!!な感じですね。
そんなこんなで超凝縮して10日間ほどの様子をお伝えしました。だいぶ重要なところが省かれていた?確かにそのような気もしますが、とりあえず伝えたいことは、ADIは大会メインというよりも、全日程を経てディベートをより一層理解し、また世界各国の友達を作れる良い経験だということです!楽しいですよ!

しかしここで終わりかと思えば、甘い!最後の最後に誰かがやってのけてくれるんですよ!そう、あのLegendです!Legend 三尾さんは帰りのフライトを一カ月後に予約していたんです!さすがですね!後1カ月韓国に滞在する予定だったんですねwとりあえず15000円ほどの追加料金を払い無事帰国。また一つlegendが刻まれたそんな波乱万丈なADIでした。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。