Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんにちは。秋Tの報告です。Autumn JPDU Tournament、略して秋Tは9月に行われる日本国内最大規模の戦いで多くのディベータ―がこの日を目標に練習しています。また3年生はこれを機に引退することが多いので、まさに最終決戦というべき凄い大会です。
そんな大会に2012年WADからは4チーム

WAD A亀井、曽田
WAD B林(武)、中野
WAD C林(雅)、川名
WAD D藤田、三尾

が参加し、結果は
WAD AがPre Quarter Finalist
WAD BがSemi Finalist
WAD CがQuarter Finalist

という、大戦果となり早稲田のディベートでの存在感を見せつけました。
今回は見事セミファイナリストに輝いた、我らが部長じゅんじゅんさんに記事を書いてもらいました。
ではどうぞ。


秋Tについて書かせていただきます,中野です。こんにちは!


秋Tをたけさんと出るきっかけとなった,「じゅんじゅんと秋Tで優勝したい」,という過激な内容のメールを私が受け取ったのは7月末のことでした。

7月末といえば,Geminiも終わって一息つき,テスト勉強に追われて本当に忙しい時期だったのですが,それでもこのメールを受け取ったときの嬉しさと不安の混じった不思議な気持ちは今でも覚えています。

というのは,そもそも自分は上級生と組ませていただくのは初めてでしたし,何しろ相手があのたけさんで(練習試合でもほとんど勝てない!強い!そしてなによりかっこいい!),最初は自分がパートナーとして適しているのか,正直相当迷いました。自分なんかがいいのか...と1週間くらいうじうじしてた気がします。

しかし組むことが決まっても困ったのが,わたしが夏休みに北京に短期留学することが決まっていたのでたけさんと練習の時間をなかなかとれなかったことです。そんな中でもSkypeでレクチャー資料やディベートのビデオを共有していただいたり,また帰国後にはたけさんも忙しいのに時間を見つけて一緒に練習してくださったりして,だんだんとチームとして機能するようになってきました。本当この時期粘り強く何回もレクチャーしてくれたたけさんには頭があがりあません。


あとはロールは今回OpeningではLeader,ClosingではMemberをやることになったのですが,これまで基本的にAsianのDeputyしかやって来なかったのでLeaderの練習をするのは物凄くきつかったです....。最初の方はPMスピーチでDefinitonせずに帰ってくることなんかもありました...。(今では笑い話ですね)

まぁでもなんとか大会までに追い上げをし,いざ当日秋Tへ!一日目の会場はTMU@南大沢でした。遠い!

Opening Cermemony前にたけさんがサッカー選手の長友の本を読みながら自己啓発してたのが印象的でした。当日,わたしがスピーチしくったときも「壁は成長のチャンスだから壁が好きだ」と長友の本からカッコイイ言葉を引用して励ましてくれたりして楽しかったです笑。

そして2日目,無事になんとか4位ブレイク!シード権も獲得です!

やっぱりブレイクアナウンスメントのときに早稲田の校章が出てくると本当に嬉しいですね。WADからは3チームもブレイクしました。本当さすがです。

さて4位ブレイクだったのでPre Quarter FinalをすっとばしていきなりQuarter Finalへ。MotionはTHW allow all communities to freely use the ‘N-word’でPositionはOOでした!

CGにマサと川名さんのWAD Cがいて,会場がだいぶ2人のスピーチで盛り上がってて焦りました。去年の冬から組んでてずっと思っていたのですが,川名さんの緻密なスピーチってどこか人の心を惹き付けるところがあって,とても羨ましいです。しかしながら今回は無事?にCGを破って,COにいたUTのチームと一緒にSemiFinal進出!

が,Semi Finalでは今までで一番だめなのでは,というスピーチをしてしまいました。今でも思い出すとなかなか辛いです。Motionが THBT US should use military forces and secure border in order to achieve ‘ Land for peace’.だったのですが,もうアーギュメントが全然出て来なくて,あとは本当半分パニックになってしまって折角教えてもらった基本的なところまでも抜け落ちてるような酷いスピーチをしてしましました....。

というわけでSemi Finalにて敗退。自分たちにとっての秋Tは幕を降ろしました。たけさんがGrand FinalのMotionである"TH supports populism."を見てやりたかったなぁ....と言ってるのを見るのが辛かったです...。(あ,でもたけさんがSpeaker Prize貰ってるはものすごく嬉しかったしパートナーとしても誇りでした!!!)

ということで今回の大会で得た課題を2つほど。

1.
今回の大会を通じて自分のディベートに対する取り組み方が完全に変わりました。今までGeminiや他の大会でも自分のベストを尽くしてきたつもりでしたが,スタンスやスピーチも今から振り返ると全体的にだいぶ甘かったです。というのも今まで基本的に自己流や勘でスピーチをやっていたので,暴走しがちでしたし,自分がスピーチをどこに持ってきたいのかも見えていないことが多かった気がします。それを今回はたけさんに根本から指導していただき,まさに目から鱗が落ちる感じでした。といっても,少しだけmotion難しくなっただけで,たけさんがエジュケしてくださったり,ジャッジの方々にも幾度も指摘されているのを活かせない自分がだいぶもどかしかったです。結局SemiFinalでも自分の基本ができていないことが露呈してしまったわけですし....。これからも基礎を大事に,自分が何のためにディベートをしてるのか深く考えながらやってかないと伸びないなぁと猛省しました。

あとは初めてLeaderをやって,改めてチームスタンス等の大切さを痛感しました。Roleは全てできるようにならないと,ディベート見えてこないなぁと痛感しました。

2.
また大会終了後にたけさんが「またSemifinalどまりだった…」とおっしゃってたのは本当心から残念でしたし申し訳なかったです。そしてよく考えたら自分もジェミニはSemifinalどまりだったので今後新たにGF進出,あわよくば優勝目指したい!!という目標ができました。
これからのBPシーズンはどんどんまたたけさんと組ませていただけることになると思うんで,いつか必ずたけさんの「優勝したい」という願望を一緒に叶えたいです。そのためにもこれからもディベートがんばります! おしまい!

あ,あとは秋Tを機にWAD代替わりしました!亀井さん,曽田さん,今まで運営おつかれさまでした&本当ありがとうございました!

これからは2年のマサとわたしを中心に,先輩方が残して下さった素晴らしいところを引き継ぎつつ,更にパワーアップしていきます!

楽しく運営していきたいのでみなさまよろしくお願いします:)
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。