FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
どうもこんにちは、りょうすけです。さてさて、6月9、10日に行われたジェミニ杯についての記事を書こうと思います。WADからは2チームが出場し、WAD Aが3位ブレイクでsemi finalist、個人ではJunko Nakanoが5th best speakerという結果に終わりました。そもそも、ジェミニ杯とは2年最強決定戦と位置付けられる大会で、全国の2年生ディベーターにとって本当に重要な大会です。また、今年から、Asian formatを採用されました。

 ここから、個人的な話に移るんですが、まあ、僕にとっては特に、ジェミニ杯は重要な大会でした。理由は2つあります。1つ目に、梅子杯のリベンジがしたかったからです。昨年の世代最強決定戦梅子杯では、まさかの22位という自分でも驚く結果を出したので、世代最強決定戦にはこだわりがありました。同期に負けたくないという気持ちが強かったです。そして、2つ目に、NUSへ留学する前にディベーターとして出場する最後の大会であったからです。それは、このパートナーと3人でディベートするのも当面は最後になるということを意味します。じゅんじゅんとまさとは、ADI、ICU-T、UADCと組んできて、ブレイクをしたりしなかったり、まあ色々あったので、自分としてはチームとしていい終わり方をしたかったのです。そんな訳で、思い入れはすごく強かったし、絶対勝ちたい大会でした。
 
ディベートは、危なげなく勝ち続け無事にsemi finalへ。次はSophia Aという正直一番やりたくないチームと対することになりました。セミファイでは、各スピーカーがいい感じのスピーチをしていたし、なによりも、面白いラウンドでした。「うーん、行ったかなあ、たぶん」っていうぐらいの手応えは感じてんですけども。5-2でSophia Aの勝利ということで、ぼくのジェミニ杯は幕を閉じたのです。

 まあ、優勝するという目標は達成できず、個人的にはスピーカーズプライズも取れず最高な結果であったとは言えないですが、記憶に残る大会だったなあと思います。まあ、なんかいろいろとゴタゴタはあったような気がしますが、良いチームでした。僕は、もうすぐシンガポールに行ってくるんですが、みんなに負けないようにあっちでもがんばっていこうと思います。やっぱり、同輩っていうのは本当に心強いのですが、僕の中では一番負けたくない人達でもある訳で。だからこそ、みんなが刺激し合い、いい結果をこれから先に出せたらいいなと思いました。
ではでは、また。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。