Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんばんは、高橋りょうすけです。
だんだん暖かくなってきて、春の訪れを感じる今日この頃。入学式も終わり、自分が大学生になってもう1年かーとしみじみ感じると同時に、これから訪れるであろう様々な変化をとても楽しみに思っています。こういう気持ちになるっていうことは、ぼくが大学生として成長しているということなのでしょうか。
さてさて、2012年のWAD新歓が始まりました!!!モデルディベート、新歓コンパを開催します。また、随時練習の見学を受け付けています。来てくれたらうれしいです、部員一同お待ちしています。
まあ、競技自体の説明は
Part1: http://blip.tv/totto/the-24th-jpdu-tournament-gf-1-2-5783443
part2: http://blip.tv/totto/the-24th-jpdu-tournament-gf-2-2-5786220
この辺見てくれれば、WADが面白そうなことやってるっていうのが分かると思うのでディベートは知的なスポーツで…っていう感じの説明は省きます。そこで、ここではこの記事を読んでくれている新入生に向けて僕のWADでの1年でやったことについて個人的なレベルで感じたことをざっと書いていきたいと思います。見学に行くかどうかを決める参考程度にどうぞ。


純ジャパの僕が本気で英語が話せるようになりたいと思ってWADに入ったのは5月でした。すらすらと英語でスピーチをする先輩達がものすごく大きな存在に見えたのを覚えています。それから、初大会に向けて基礎から練習した5月6日。その時は、論理的でなかったですし、まだまだ英語もぎこちなかったかなと思います。2試合目で最強チームに当たって、自分ってだめだなーって思ったりもしました。でも、初めて試合に勝ったときはとっても嬉しかったですね。そういえば、WADでバーベキューにも行ったような。夏休み前は、大学に入ったばかりということもあってあっという間に過ぎていきました。この期間で普通に先輩や同期とは仲良くなっていくと思います。


夏休みに入ると、summer ADIに行き、帰ってきたら銀杏杯、秋Tに向けての練習に勤しみました。ADIでは韓国、台湾、香港人の英語の流暢さに驚愕。でも、夏休みの練習を通して、少しずつうまくなってる気がしました。ちなみに、この頃、大学入学当初よりTOEFL-ibtのスコアが15点くらい上がってた。あと、WADのメンバーとカラオケでオールしたり、「夏の匂いがするー」と言って練習後に散歩をしたり。それと、みんなは合宿行って1日遊んだみたいです。(僕は用事があり行けなかったのですが…)こういう風にディベートがメインになったけどいろいろ楽しい夏休みでした。

秋冬
夏休みが終わると、梅子杯、noviceと1年生としての区切りの大会。この頃になると、スピーチにも慣れるし内容もいろいろ思いつくので、英語よりもディベート力が勝負になってきます。帰国の人の英語の優位もある程度気にならなくなりました。関西にも大会で行って、帰りに観光もしました。そういえば、この頃中野じゅんじゅんがやって来ましたね。彼女が来てから更にWADが楽しくなった気がします。各大学のディベーターとの忘年会や新年会があったり、WAD内で忘年会をやったりもしました。


それから春休みに入って、ディベすす、winter ADI、ICU-Tと大会がたくさんありました。ある程度結果も出たし、パートナーには感謝感謝です。なにより、前よりもディベートがほんとに楽しく感じるようになった気がします。あと、夏より日常会話の英語ができるようになった気がする…4年生の追いコンをしたり、みんなでボーリングや映画を見たりとディベート以外も思い出深い春でした。

こんな感じで、気づいたら大学1年が過ぎていました。まあ、ディベートしかしてない訳ではないけど、生活に占めるディベートの割合はやっぱり大きいかなと思います。まあそれだけ、結構面白いサークルということですよ。毎週練習して、ご飯食べて、一緒に帰ってれば、みんなと仲良くもなるし英語力もつく。すばらしいですね。
結局、なにが言いたいかっていうとWADに入って良かったなってことです。尊敬できる先輩方、最大の味方であり敵である同期、他大のライバル達とか、みんな大切だなーって、WADに入ってから楽しかったなーってなんかこの記事を書いていて思いました。
つまり、新入生の皆さん、WADはおすすめですよ。僕の気持ちが必ずしも全ての新入生にあてはまるという訳ではないけれど…だけれども、少しでも興味があるって思ったなら、練習の見学に来たり、話を聞きに来てくれたらいいなと思います。純ジャパも帰国も大歓迎です。英語のネイティブスピーカーを論理で倒せるっていうのを経験できるし、たくさん海外に大会で行けるのはWADだけじゃないかなと思います。たくさんの人の見学や新歓の参加、そして入部をお待ちしています。ではでは。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。