FC2ブログ
Menu
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • -
  • -
こんにちは。2年の林です。試験もおわり、いよいよディベートの季節ですね!


2月11日、12日に慶応大学で開かれたディベートのすすめという大会に参加してきました。

このディベートのすすめ(通称ディベすす) というのは、違う大学どうしの男女(場合によっては他の組み合わせもry)ペアで出るという、ディベート界においてはネタでありガチでもある大会です。
(慶応大学のみなさんが作り出したリア充な空気をだれか止めて!)

この大会でおもしろいところは、他大の異性と組むこともそうなんですが、自分たちの出場チーム名を自分できめられることも面白い魅力です。


ちなみに僕は首都大学の大竹さんと出場しました。話しているうちに二人とも胃が細長いという共通点をみつけたのでチーム名は「ふたりは胃下垂!」にしました。シュール。

今回は試験期間の関係で1週間ぐらいしか練習ができなかったのですが、充実したいい練習ができました。今まで大会で組んだことのない人と知識や考え方を共有するのは新鮮で楽しかったです!


そんなシュールなチームの大会結果は、11th Break, Quater-finalistでした!
予選ラウンドが進むにつれて調子が上がっていって、なんとかブレイクすることができました。
ブレイクラウンドでは悔しくも負けてしまいましたが、組んでいてすごく楽しい、チームワークの良いチームだったと思います。試験と並行して練習しに来てくれたパートナーのあんなに感謝です。ありがとう。


この大会は来年度も開かれると思います。
もし、いつもとは少し変わった大会でいつもとは違う経験をしたい人はディベすすに出てみてはどうでしょうか。おすすめです。


次のイベントは韓国で冬ADIです。行く人は頑張りましょう!
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。